無料体験

日曜・祝日も施術しております

鍼灸師やマッサージ師の国家資格を持ったスタッフによる訪問マッサージ

TEL0120-939-095

TOP > どんな人が対象?

どんな人が対象?


対象疾患

脳梗塞、脳出血の後遺症で半身が麻痺した状態の方。
その他、神経痛、腰痛、頚腕症候群、リウマチ、頚椎捻挫後遺症、パーキンソン病、特定疾患などの患者様やがん末期などで慢性的な疼痛が続く場合など。

また、歩行が困難な方。上記疾患などをお持ちで、ご自身での歩行がつらい方、通院が困難な方、寝たきりの方などが対象となります。

脳梗塞・脳出血後遺症

脳梗塞、脳出血になると、半身が麻痺し、関節などは硬くなってしまいます。何の予防もせずにほっておくと肩関節や肘の関節が固まってしまい脇を開くことができなくなってしまいます。そのようなことがおこらないように予防していく必要があり、マッサージや鍼灸は予防に有効です。

慢性的な痛みやしびれなどがある場合は、その痛みやしびれを低減させる効果があります。今できている動作を継続的にできるように、常に動かしていくことが大切になってきます。

実際の改善例 【 脳梗塞 】

関節痛

加齢により膝の関節などの軟骨がすり減り、骨と骨が当たって痛みがでたり、筋肉に負担がかかり痛みを発生したりすることが多い関節痛ですが、根本の原因は手術でしか改善できません。

しかし、対処療法にはなりますが、マッサージや鍼灸で血流の改善をはかることで痛みの原因となる発痛物質や老廃物を回収し、痛みの軽減をはかることは可能です。

実際の改善例 【 関節痛 】

腰痛症

腰椎圧迫骨折や加齢などで腰が曲がってしまい、正しい姿勢が保てなくなることにより、腰部の筋肉に常に負担がかかり、腰部に痛みやだるさがある症状。腰まわりの筋肉をゆるめて上げることによって痛みやだるさは改善されることが多いです。

この痛みを改善しないと、家の中で動くことも苦痛になり、足の筋力の低下などで歩けなくなってしまうこともあります。

実際の改善例 【 腰痛症 】

廃用性症候群

健康な人であっても、使わないと筋肉の萎縮、関節の拘縮は意外と速く進行します。安静による筋力低下は、1週目で20%、2週目で40%、3週目で60%にも及びます。この筋力低下を回復させるためには意外に長い時間がかかります。

1日間の安静によって生じた体力低下を回復させるためには1週間かかり、1週間の安静により生じた体力低下を回復するには1か月かかるといわれています。このような安静によって生じる臓器の退行性の変化、臨床症状を廃用性症候群といいますが、筋肉や関節だけではなく種々の臓器に生じてきます。

・筋萎縮    ・関節拘縮    ・褥瘡(床ずれ)    ・廃用性骨萎縮(骨粗鬆症)
・起立性低血圧    ・精神的合併症    ・括約筋障害(便秘・尿便失禁)

マッサージや鍼灸などにより血流の改善を行うことで、関節をゆるめ曲げ伸ばしが出来るようになると、それに伴って筋肉も動きます。筋肉が動くと、それがポンプになり血流も改善してきます。体の筋肉は動かさないとどんどん固くなっていきます。それを予防し更に動かすことで様々な廃用性症候群の症状を改善することができます。

実際の改善例 【 廃用性症候群 】

pagetop